人生100年時代のライフスタイルラボ
健康、生き方、社会のこれからーー さまざまな視点で「人生100年時代」を考え、しっかり備えて生き抜くヒントを集めたWEBマガジンです。
健康づくり・福祉
長く元気に過ごすためのポイントや最新のトピックなど。
一覧をチェック!
食・栄養・レシピ
「食べる」「飲む」を通して毎日の健康を考える。
一覧をチェック!
運動・スポーツ
「動ける体」をキープするためのヒントや取り組み。
一覧をチェック!
未来予測・リサーチ
将来予測やデータを通して人生100年時代に迫る。
一覧をチェック!
海外トレンド
世界各地から現地で話題のヘルシーライフ事情をお届け。
一覧をチェック!
研究・テクノロジー
基礎知識から新技術まで、人生100年時代を科学する。
一覧をチェック!
くらし・社会
人生100年時代に向け変化する人の生き方、社会のあり方。
一覧をチェック!
書評・エンタメ
カルチャーから読み解く人生100年時代を生きるヒント。
一覧をチェック!

【2050年からの手紙】未来予測道場001:未来を考えると暗くなる?

未来予測は主観的・戦略的な“意図”?

もちろん、理想的な未来予測は楽観も悲観も入れず、「客観的に冷静に捉える」だとは思います。しかし、そのためには世の中に数多ある変数(未来を左右する条件や要素)を全て考慮するような「万能の方程式」をつくらないとなりません。ところが実際には「全ての変数を考慮」というのは不可能なので、「ある程度主要な変数」というものをピックアップして「そこから言える範囲の未来」を予測することになるのですが、どの変数をピックアップするか、という作業自体に何がしかの主観が入ってしまいます。

さらに未来予測には、人々の行動を方向付けてしまうという側面もあります。例えば、「将来○○危機が起きる」と言われれば、我々はそれを防ぐ・避けるために動こうと行動変容します。「○○ブームが来る」と言われれば、今度は勝ち馬に乗ろうとし、やはり行動変容します。仮に、限りなく客観的な情報として予測を出せたとしても、結果的にそれは人々、さらには世の中を動かす主観的な“意図”として働いてしまうのです。

このように未来予測とは、ある程度人を動かす意図を秘めた主観的、あるいは“戦略的”な情報発信だと考えておいた方が良さそうです。……と、今回は少々ダークサイドの話が中心でしたので、次回はもうちょっと明るい方向のお話をしますので、ご安心(?)を。

文/さすらいの未来予測職人
構成/Challenge100編集