人生100年時代のライフスタイルラボ
健康、生き方、社会のこれからーー さまざまな視点で「人生100年時代」を考え、しっかり備えて生き抜くヒントを集めたWEBマガジンです。
健康づくり・福祉
長く元気に過ごすためのポイントや最新のトピックなど。
一覧をチェック!
食・栄養・レシピ
「食べる」「飲む」を通して毎日の健康を考える。
一覧をチェック!
運動・スポーツ
「動ける体」をキープするためのヒントや取り組み。
一覧をチェック!
未来予測・リサーチ
将来予測やデータを通して人生100年時代に迫る。
一覧をチェック!
海外トレンド
世界各地から現地で話題のヘルシーライフ事情をお届け。
一覧をチェック!
研究・テクノロジー
基礎知識から新技術まで、人生100年時代を科学する。
一覧をチェック!
くらし・社会
人生100年時代に向け変化する人の生き方、社会のあり方。
一覧をチェック!
書評・エンタメ
カルチャーから読み解く人生100年時代を生きるヒント。
一覧をチェック!

【鎌倉薬膳アカデミーの養生レシピ】中医学「薬食同源」の知恵に学ぶ<第5回>梅雨時のむくみ予防

梅雨の時期以外でのむくみ

梅雨の時期以外でも、運動不足や睡眠不足、塩分の取り過ぎ、アルコールの取り過ぎ、長時間のデスクワークや立ち仕事、冷房による冷えなどが、むくみの要因として考えられます。日頃から水分の代謝を意識してみてはいかがでしょうか。

薬膳によるむくみの食養生

むくみに対する薬膳の考え方は、主に次の2点にまとめられます。

消化器系の働きを高めて水分代謝を良くするおすすめ食材は、「甘味」で触れた米類と同じイネ科のはと麦。そして、香りが良くて湿気を出してくれる食材としては、陳皮(ちんぴ/温州みかんの皮を干したもの)がおすすめです。

むくみにおすすめの食材

はと麦、小豆、緑豆、えんどう豆、ささげ、冬瓜(とうがん)、とうもろこし(実はもちろん“ひげ”も)、わかめ、しそ、陳皮(ちんぴ)、みょうが、香菜、生姜、バジル

【今回の薬膳レシピ】冬瓜とはと麦の澄まし汁

水分の代謝をサポートし、身体の中に余分な湿気がとどまりにくくしてくれます。

冬瓜とはと麦の澄まし汁

<材料>2人分

冬瓜 150g
豚挽き肉 50g
長葱(みじん切り) 大1/2
はと麦 10g
山芋 10g
陳皮(あれば) 1g
梅干し 少々
干し椎茸 小2枚

<調味料>

だし汁 360cc
塩 ひとつまみ
薄口醤油 少々
水溶き片栗粉 適量

<作り方>

  1. はと麦と干し椎茸は水で戻しておく。
  2. 冬瓜は皮をむいて一口大に切る。
  3. 豚挽き肉の中に塩少々(分量外)、すりおろした山芋、みじん切りにした長葱、水で戻して細かく刻んだ陳皮を加え、よく練る。
  4. 鍋にだし汁と1・2を加え、柔らかくなるまで煮たら、塩と薄口醤油で味を付ける。
  5. 3を団子状にし、4に加えて火を通す。最後に味を整え水溶き片栗粉でとじる。

<ポイント>

●冬瓜は蝋質の皮に余分な湿気を取る作用があるとされているため、皮を一緒に煮込み、食べる時に取り出すとさらに良いでしょう。
●山芋と陳皮は消化器系の働きを健やかに助けます。
●干し椎茸には気を補う役割、梅干しの酸味には食欲を引き出す役割があります。

レシピ・文/鎌倉薬膳アカデミー 学院長 山内正惠